*お嬢様の秘め事*

わたくしの秘密ダイアリー。

Entries

私信

みなさまごきげんよう、わたくしです。


今回はあのお方への私信を。




もうあなたの元へ行かなくなって何年経ったことでしょう。
あなたは変わってしまわれましたわ。
浮気症のあなた。
流行りに乗ればいいと安直に思っておられますのかしら。
一方で基本スタンスを貫くカーネルおじさまの毅然とした態度に、
世の皆様は惹かれているといいますのに。


ねぇ、ドナルド様。


妖怪が流行れば妖怪に手を出し、
かと思えばポケモンとの元サヤへ戻り、サンリオもつまみ食い。


肝心の肉に関しましては、
いつか世間を騒がせたよろしくないニュースが脳裏を過ぎりますので、
口にしたいと思わなくなってしまいましてよ。


昨年かしら、久々にあなたの元を訪れましたら、
ドナルド様の影も形もないシンプルな店内になってましたわ。
ドナルド様はいつから仕切り板とコンセントに変身遊ばれましたの?
そのようなドナルドマジックでは、わたくし満足できなくてよ。


店内にはあられもない姿で大声で会話する若人たち。
ドナルド様が巡回していないばかりに、
客層も随分残念なことになっておりましたわ。


長い名前のバーガーやら、
総選挙やら(「総選挙」に乗っかるタイミングは、わたくし個人的には数年遅かったと思います)、
どこかずれた印象のキャンペーンが目立ちますわね。


わたくしを夢中にさせてくれたドナルド様は一体どこへ行ってしまいましたのかしら。
コマーシャルでアイムラビニッと叫んで姿を消したきり、
本当にお見かけしなくなってしまいましたわね。


わたくしもドナルド様から完全に卒業遊ばす覚悟ができましてよ。
これからのわたくし、
特定の肉棒に執着せず、
あらゆる肉棒を口にし、
究極の肉棒を見つけ出す終わりなき旅へ出ることといたします。


ドナルド様にはどうか温かく見守っていただきたくてよ。


アイムラビニッ
*CommentList

お年賀

みなさま、あけましておめでとうございます、わたくしです。


みなさまはもう始めておられますのかしら?姫を。
わたくしはマタニティの身ですので当面お預けですわ。
みなさま、わたくしの分までお楽しみ遊ばせ。


勤続11年にしてついに産休に入りましたわたくし。
平日に自由の身になるだなんて、
あえて有給を取ったり、ものすごく早く外勤先へ出発した時くらいしかなくてよ。


贅沢な時間を楽しもうと意気込んでおりましたが、
数日で飽きてしまうものですのね。


それはさておき、こう暇ですと、散歩にでも繰り出そうとなります。
ちょうど近所にパン工場を見つけましたので、直売の様子を伺うため繰り出してみましたの。


いいお天気。
風もなく、日差しはあたたか。
絶好のお散歩日和ですわ。


目的のパン工場は、開店と同時にいかなければ売り場は単なるパン屋さんですのね。
せっかくですし、ふたつほど購入してごきげんで帰路に。


タン!


頭の上に圧がかかりました。
頭上には雀。
これは、忘れもしない、小学1年生の時の遠足の帰り道で受けた圧と同じもの。


鳥のフン!


ああ、さいあく!!
正月明け早々、とんだお年賀をいただいてしまいましたこと!


後頭部にびっちゃりついた(なぜか)真っ黒な鳥のフン。
とばっちりを受けた、クリーニングしたてのお気に入りのコート。
黒い液体のような、部分的には固体のようなものが胸元と二の腕を飾りました。


初詣で引いたおみくじでは「勝手にお金が貯まるし毎日幸せ」という趣旨のことが書かれておりましたが、
このときばかりはどん底でしてよ。
一人で歩いておりましたので、だれにも共有できないこの感情を、
わたくしはブログにしたためるほかありませんわ。


有難迷惑なお年賀、もういただくことのないよう、
あの道は二度と歩くまい、ということを年始の抱負とさせていただきます。
*CommentList

ストリップレポ

みなさまごきげんよう、わたくしです。


かねてから行ってみたいと思っていた場所がありましたの。
いつものように、どこにでも1人でだっていくわたくしですが、
ここに限っては怖気付いてしまいまして、足を向けることができておりませんでした。


遠方の友人が遊びに来るという絶好の機会を手にしたわたくし。
ついに行って参りましたの。


ストリップ劇場へ。


セクシーボディを携えたお姉様方が一纒わぬ姿で踊るのでしょう?
一目見てみたかった…!


向かった先は、伝統の浅草ロック座。

rock座


女性は男性よりも安いお値段設定ですのね。
女性料金が存在しているということは、女性客がいる証拠。
少し心強くてよ。


料金を払ったら、すぐ傍に会場が。


扉を開け、恐る恐る中へ。


ステージから一番遠くても5列目ほど。
メインステージ
花道
センターステージ
3つのステージで構成されたそこは、
アイドルの現場であれば全てが神席。
どこからも近く、見えやすい。


1時間半のショーですが、ショー終了後次のショーを見続けても良いらしくてよ。
居ようと思えば一日中いられますのね!
いつかの映画のようですこと。
(もののけ姫上映の頃までは今のような完全入れ替えではなかった気がいたします)


胸の高鳴りを感じながらショーが開幕。


安いタカラヅカのようなスタートでしたわ。
服を着ていらっしゃいました。
途中脱ぎましたが、早着替えではなく、メインステージのど真ん中、奥の方で後ろを向いて普通に着替えていたことには驚き。


続いてソロステージ。
メインステージから登場。
さっそうと花道を歩き、メインステージへ。
メインステージの目の前 5列目の席のわたくし、最後列ながら、ショーガールがとても近くてよ。
これがアイドルの現場ならば、失神するレベル。
いい香りがいたしました。


軽快な音楽に合わせて踊るショーガール。
もったいぶるなんてそぶりは見せず、
さっさと脱ぎましたわ。


布面積が極小の紐パン。
しゅるり しゅるりとほどかれ、
くるくると太腿や手首に巻き付けられます。
パンティって、脱ぎ散らかすものではなく、アクセサリーでしたのね。



脱がないな、と思ったショーも、とても短い丈のスカートで、ノーパンでしてよ。


センターステージはゆっくりと回転します。
ガールの秘部は高く突き上げられ、360度どの方向からも見えるようになります。


ポージング、全体のフォルム、表情
どれをとっても見事でした。


ここぞ!というシーンでテープが投げられました。
プロレスのようですこと…


と思ったのもつかの間、
テープはあっという間に回収されましたの。
いえ、違いましたわ。
テープの匠がおられましてよ。


劇場スタッフであろう、テープの匠。
シュルル!…ヒョーーーイ
なんども投げられ、回収されるテープ。
ショーを盛り上げる小道具でしたのね。


ショーガールにはファンがおられます。
ファンはここぞ!という時、絶妙のタイミングで花束を渡しました。
花束も小道具の1つであるかのように踊る様は、
胸にグッと来るものがありましてよ。
わたくしも花束を渡したい、そんな気持ちにさせられましたこと。


あっという間のショータイムでした。
さすがに2周目のショーは観覧しませんでしたが、
わたくし、ハマってしまいそうです。
変に自信がついてしまったようで、
1人でも行けそうに思えますわ。

身だしなみ

みなさまごきげんよう、わたくしです。


街中へお出掛けするなら、最低限の身だしなみをしていくのがセオリーですわ。
どこへいくにもバッチリ整えている方はさておき、
ちょっとゴミを捨てに、近所のスーパーへ、という格好では街へは繰り出しませんわね。


先日繰り出し遊ばした際に、驚いたことがありましたの。
わたくし、すれ違う女性の胸元ばかりを見る癖がありまして、
いけないとは思いつつ、たわわだった場合にはしっかりと目に焼き付けてますの。


顔?全体的なスタイル?
それはおまけみたいなものですわ。


いつものようにすれ違う女性の胸元をチラリと見ながら歩いておりますと、
一際揺れている方がおられましたの。


この揺れは、もしかして、


ノーブラ?!


たゆんたゆんと上下に揺れる胸元。
着衣は、散々着古した部屋着(のように見えました)。
おまけである顔を見れば、髪はしっかり染めているのに伸びっぱなしでしたの。


ここは街中。
大都会東京の中心部でしてよ!


いくらなんでも、
たわわに実っているにもかかわらずブラジャーをしない方がおられるとは思いませんで…


すれ違いざまによく見たら、男性でしたわ。
髪が長めだったからでしょうか、女性っぽさを感じてしまっただけでしたの。


男性が身だしなみの一環としてブラジャーをするのは、
かなり少数派。フェチの類ですわね。


わたくし以上に実っておられるソレ。
男性の場合、どうするのが適切なのかしら。
鎖帷子でも装備遊ばすべきでして?

身だしなみの答えが見つからず、悶々としてしまいましたこと。

マーク

みなさまごきげんよう、わたくしです。


マタニティ!


といえば、マタニティマークですわ。
お腹に赤ちゃんがいますよ、のキーホルダーを付けておられる方、
時折見かけますわね。


たとえば電車で、お腹が大きいように思われる女性が目の前に立っていたら。


マークを付けておられるならば、席譲ってあげたほうがいいかな、とすぐに思います。
付けていない場合、
お太り遊ばされているのか
腹水が溜まっているのか(放置しないで病院に行って・・・!)
ただマークを付けていないだけなのか


座っている身としては自分自身が疲れているのもありますし、
お太り遊ばされている方も疲れているかもしれませんが、
健康のためには立っていたほうがよろしくてよ、と思います。


譲るか、譲らないか、なんだかもやもやしてしまいますわ。


そんなわたくしもマタニティとなりました。
かれこれ妊娠6か月。
もう隠しきれない腹の膨らみ。
周囲のみなさまに無用なもやもやを感じさせるのはよろしくなくてよ。
万一倒れたり、等あった場合、妊婦さん用の処置が必要と判断していただけますし。


先日より通勤カバンにマタニティマークを付けましたの。
席を譲られたいのではなく、もやもやを感じさせたくない、万一の場合に備えて、という意味合いで。
もちろん席が空いていたら座りますけれども。


ぎゅうぎゅう詰めのラッシュ時間をさけるべく、
最近はちょっと早めの時間の電車に乗っております。
といっても満員ですので、乗れればいいレベルですわ。


マークを付けて二日目。
エスカレーターに乗る列に並んでいた時のことですわ。
(都内ですので、乗るだけで列ができます。ちなみに階段も行列。)

列からはみだしていたわけでもなく、普通に並んでおりましたわたくし、
後ろから見知らぬ男性に荷物で思い切り腰をぶたれました。


列の中腹に通常通り並んでいるわたくしにだけうっかり荷物が当たってしまう、
なんてこと、
あります????


被害妄想かもしれませんが、客観的に考えても、明らかに故意。




さらに二日後のこと。
階段って、右側は上り、左側は下り、等 左右どちらかに分かれてはいるものの、
上り下りに逆らってくる方はちらほらおられます。
混雑時でも、ですわね。

階段に上るための列に並んでいた時のことですわ。
まだ上り始めてもいない場所でしたのに。
下ってきた見知らぬ男性は、
わたくしの腹をめがけて持っていた荷物を思い切りぶつけましたの。


えっ?!?!


わたくしの通勤経路、これまで1年ほど利用しておりますが、
今までそんなことされたことなくてよ。


マタニティマークって、
手を直接出すと現行犯だから、偶然を装って荷物をぶつけよう
という意味のマークでしたかしら?!


心無い方がおられると、噂ではきいていたものの、
マークを付けてからたったの4日間で2度もそんなことに遭うとなると、デメリットしかありませんわね。
もちろん、大多数の方は危害を加えようなんて思わないとわかっておりますが、
ごく一部であろう心無い方の標的にされるのは勘弁。


それからマークは外して通勤することにいたしました。
周囲の方はもやもやするかもしれませんが、ごめんあそばせ。
通勤時間、こわい!
*CommentList

左サイドMenu

プロフィール

お嬢様

Author:お嬢様
愛読書:ビジネス本、官能小説、青年向け週刊誌
好きな時間:お肌ケア
欲しいもの:富と権力
最近の課題:趣味が増えすぎる
ツイッターも、やってますの。ウフ。⇒ojousama_neo

FC2カウンター

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

右サイドメニュー

月別アーカイブ