FC2ブログ

*お嬢様の秘め事*

わたくしの秘密ダイアリー。

Entries

お嬢様的五色園レポ

みなさまごきげんよう、わたくしです。


前回の関ヶ原レポから日が空いてしまいましたが、更新を忘れていたわけではなくてよ。
関ヶ原の翌日足を運んだ場所を皆様にご紹介遊ばしますわね。


五色園レポ1


「エントランス」



まず、五色園とはなにか。
簡単にご紹介しますと、
前回の記事でご紹介遊ばしました、関ヶ原ウォーランドで無数に設置された人形。
それの、親鸞バージョンがあるお寺ですわ。
B級な感じムンムンですわね!


さすが、B級感満載なだけありまして、
地下鉄に乗って、バスに乗って山を越え、やっと到着できた場所でしたわ。
きっと二度と行くことはないでしょう、ということで、思う存分見てきましてよ。


園内に入りましたら、まずこれ。


CIMG9743.jpg



わたくしが手で指し示しているのが、幼少期の親鸞。
どうもここは、親鸞の生い立ちが像で表現されている場所のようですわ。
生い立ちを表すのであれば、誕生する前の過程を・・・いえ、なんでもなくてよ。



五色園レポ2


「躍動感」




CIMG9744.jpg


たくさんの坊主の像がありましたので、どれが親鸞なのか正直わかりませんでしたが、
なんとも真似したくなるポ―ジング。
写真撮影にもってこいの親鸞一味を前に、
大人げないとは思いましたが興奮してしまいましたわ。


ポイントは草履が脱げてしまっているところ☆
芸が細かくてよ。




五色園レポ3


「サイズ感」



サイズ感という言葉に、
つい男性の下腹部が本気を見せた際の大きさを連想してしまいそうですが、
そういう意味ではなくってよ。
んもう、みなさまったら。


園内はちょっと脇道にそれると像があります。
でかいクモの巣に引っ掛かりながらも発見しましたのはこの像。


CIMG9746.jpg


親鸞が女の人に白いものをもらっているところ。
教えに詳しくはないため、ざっくりとした説明になってしまってごめん遊ばせ。



で、この像、案外大きくてよ。


CIMG9747.jpg


何が言いたい像なのかわかりませんでしたので、
みなさまへはサイズをお伝えできれば、わたくしとしましては本望です。




五色園レポ4


「体で感じろ」



奥に進むにつれて、像の説明書きが見つけられないエリアが。
なんだかよくわからないけれど、お坊さんがたくさんいるところがありましたわ。
風景に溶け込んで、親鸞の教えを体で感じろ、ということだったのかしら。


CIMG9753.jpg


像からは、なんだかでかい、ということしか感じ取ることができませんでしたが、
人間としてまだ未熟な自分に気付くことができただけでも良しといたします。
違うトコロは敏感ですのにね。





五色園レポ5


「クライマックス」



像による親鸞の紹介ラストはこれ。


CIMG9754.jpg


今までの像とはつくりへの気合が違いますわ。
ただ、墓地の目の前にありましたので、
一緒に写真を撮ろうとは思えませんでした。
雪の中で、寝ている?親鸞?
説明書きを読んだものの、うろ覚えです。



あまりにも園内は広く、当日は炎天下でしたので、
もう来ないだろうから全部見ようという気持ちは早々に薄れてしまったため、
すべての像を確認することができませんでしたが、
突っ込みどころ満載な場所がお好きな方へは是非足を運んでいただきたい場所でしてよ。
スポンサーサイト



左サイドMenu

プロフィール

お嬢様

Author:お嬢様
愛読書:ビジネス本、官能小説、青年向け週刊誌
好きな時間:お肌ケア
欲しいもの:富と権力
最近の課題:趣味が増えすぎる
ツイッターも、やってますの。ウフ。⇒ojousama_neo

FC2カウンター

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

右サイドメニュー

月別アーカイブ