*お嬢様の秘め事*

わたくしの秘密ダイアリー。

Entries

election

みなさまごきげんよう、わたくしです。
新年早々、完全にアップする時期を逃した内容ですが、お付き合いいただけて?


小学校に侵入したい。


そんな不純な動機を抱えて、あえて本番まで待ってましたの。


選挙。


引っ越してから初めての選挙でしたわ。


わたくしのハジメテをア・ゲ・ル♪


そんな気持ちで挑んだものの、どうにも胸が高鳴らなくてよ。
これはおそらく、わたくしの初めてを以前別の小学校へ捧げたからですわね。
昼間から「新しい彼との初夜」を連想してしまいましたこと。


三階だて校舎の二階にプールという謎の構造に、わたくしはお上りさん感覚。
いざ会場入口に到着しましたら、大行列ですわ。
どうしたことかしら、これまでの選挙にはない大にぎわい。
地域によるものなのか選挙内容によるものか、はっきりしないものの、
入場制限が設けられた選挙は初めてでしてよ。


やっと会場に入れましたこと。



会場は広いのに投票スペースが小さくてよ。
これは入場制限するのも当然。
効率を考えないから選挙ごときでこんなに手惑いますのね。


様々な選挙を順繰り周り、出口へ。


なんと、出待ち遊ばしているお兄様が!


わたくしと握手?


サイン?


よくってよ!


なんなら自宅まで招いて料理を振舞っても…!







いいえ、これは、


出口調査。


出待ちのお兄様に声をかけられるのを期待して出口へ向かったわたくし。
そのまま誰に話しかけられることなく自宅までたどり着いたわたくし。


わたくしの投票結果には興味がなくて?!
無効票とか、そういうイレギュラーなものは投じてませんのに…


何事もなく終わった選挙。


選挙の夜は、マクラ営業ごっこよろしく、


わたしのココにあなたの一票を挿れて♪と広報活動をし、


一票だけじゃ当選できないのぉ


もっと投票してぇ


当確させてぇん



そんな激しくも淫らな選挙が行われたことでしょう。
わたくしも夜の選挙がしたくてよ♪
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

お嬢様

Author:お嬢様
愛読書:ビジネス本、官能小説、青年向け週刊誌
好きな時間:お肌ケア
欲しいもの:富と権力
最近の課題:趣味が増えすぎる
ツイッターも、やってますの。ウフ。⇒ojousama_neo

FC2カウンター

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

右サイドメニュー

月別アーカイブ