*お嬢様の秘め事*

わたくしの秘密ダイアリー。

Entries

make up debut

みなさまごきげんよう。

わたくし乙女ですので、外出の際はお化粧しますの。
お化粧をした状態が本当のわたくし。
すっぴんは仮の姿。

しかし、すっぴんが本当のわたくしだった時期が、確かにありました。
その頃の初めてのメイクを思い出しましたの。



小学校何年生のころだったかしら。
母がいない隙に、ドレッサーを物色。
アイシャドウ、マニキュア、チーク、等々。
色とりどりのメイクアップアイテムがずらり。


使いたい。
でも、どれをどこにどのように使うのかがよくわからない。


マニキュアは開けてみて臭かったのでやめた覚えがあります。
顔に塗ったらやばいと本能で感じたのでしょう。
(やらなくてよかった・・・)


アイシャドウやチークは違いがよくわからなくてよ。
ただし、ジェニーちゃんで遊ぶ際に
マジック的なメイクアップアイテムとして使用したことがあります。
これらは、マジックタイプではないにせよ、瞼に塗るものですわ。


ずいぶん色の種類があるアイシャドウパレットでした。
さまざまな色がありましたが、
中でも一番目立っていて、使用した形跡のないものを塗ってみることに。


のアイシャドウ。



おおお



いかにも化粧、という顔面に。
なんだか楽しい!




チーク。
頬に塗るものですわ。
どうせなら、一段と濃い色のものを。


オレンジのものを頬いっぱいに塗りたくりました。



おおお



これぞ化粧。
いつものわたくしとはまるで違いますこと!




最後は口紅。
口紅は、形でわかりましたわ。
何色かのセットで購入したようでした。
色々あった中で、使用した形跡の無いものを使うことに。
母と間接キッスはなんとなく憚られたんですもの。
だって、母の唇は父のものですから。




使用した形跡のない口紅。


紫色でした。






おおお



口紅の色が変わるだけでこんなにも変わるとは。




緑のシャドウ。


真っ赤なチーク。


紫色の唇。





これはそう、



悪魔の申し子。



閣下のお姿。



かわいくなるはずが、悪に身を落としたわたくし。
タイミング良く帰ってきた母の爆笑を、わたくしは未だに覚えております。


弟にも同じメイクを施しました☆ブログランキング。
人気ブログランキング バナー
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

お嬢様

Author:お嬢様
愛読書:ビジネス本、官能小説、青年向け週刊誌
好きな時間:お肌ケア
欲しいもの:富と権力
最近の課題:趣味が増えすぎる
ツイッターも、やってますの。ウフ。⇒ojousama_neo

FC2カウンター

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

右サイドメニュー

月別アーカイブ