*お嬢様の秘め事*

わたくしの秘密ダイアリー。

Entries

ぬるま湯

みなさまごきげんよう、わたくしです。


お仕事のお話。


わたくしこうみえて(どうみえて?)普段はお仕事をしてますの。
どういう内容のお仕事か、というのはさておき、
入社から会社自体は変わってなくてよ。


昨年の秋に、異動の希望を出しました。
同じ業界ではあるものの、
それまでとは勤務地をはじめとして、
業務の内容も、職場のメンバーも、お仕事へのスタンスも異なる、

そんな場所への異動が叶いましたわ。


異動したての頃、
お仕事のスタンスの違いはわたくしにとっては、とても大きなものに感じ、
それまで通常と考えていたこととのギャップに驚きましたこと。


同じ業界なのに、こうも違いますのね。


異動してから、一年以上が経過しました。
入社年数だけをみると、ベテランの領域。
今の部署では2年目に突入。ほぼ新人。






今の職場、ぬるくてよ。


最近とくにそう思いますの。
お仕事は厳しければ厳しいほど良いと思っているわたくし。
ぬるま湯につかっていると、折角自分にある(であろう)伸びしろが、
ぬるま湯でふやけて、ちぎれて、伸びしろが無くなってしまうのではないか
と危ぶまれます。


異動前のお仕事では、
できない自分が悔しくて、何度泣くためにお手洗いへ駆け込んだかしれません。
(ちょっとやそっとでは泣かないはずでしたのに)
自分にしかわからない業務を、
当時の自分では多すぎると感じるほどに抱えすぎたからか、
責任の重さにカラダが悲鳴をあげたこともありました。
それでも、そのお仕事は苦ではなかった。



今のお仕事は、努力不要。


大体のことは、できてしまう。


わかってしまう。







居心地が良すぎますわ。



わたくし、もっと厳しいところへ行きたくてよ。
ぬるま湯にいたら、自分のためにならないと思いますの。


いろんなものを吸収できるのは、今しかない。
自由に動けるのも、今しかない。



どの業界も、社会情勢は悪く、
動くべきではないと思うものの、
動きたい自分がいます。


時期を逸してはいけない、しかし、

時期がいつであるのか

見極めができない。



この焦り、もどかしさは、どうしたらよいものなのでしょうね。


刻一刻と刻まれる時。いつどうしたらよいの。ブログランキング
人気ブログランキング バナー




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

お嬢様

Author:お嬢様
愛読書:ビジネス本、官能小説、青年向け週刊誌
好きな時間:お肌ケア
欲しいもの:富と権力
最近の課題:趣味が増えすぎる
ツイッターも、やってますの。ウフ。⇒ojousama_neo

FC2カウンター

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

右サイドメニュー

月別アーカイブ