*お嬢様の秘め事*

わたくしの秘密ダイアリー。

Entries

スプレー

みなさまごきげんよう、わたくしです。


近頃わたくし、制汗スプレーを使用してますの。
噴射したときの勢いがニガテで敬遠しておりましたが、
汗だく乙女は真の乙女ではないと思い、がんばってましてよ。


石鹸の香りのそれは、かおりの優しさとは裏腹に勢いが強く、
この勢いがあれば夏の暑さも吹き飛ばすことができるのではないかと思えてしまいますわ。


外出前に噴射。
汗だく防止でいざ出陣。
いつものように電車に乗り込み遊ばしました。


ンスフー ンスフー


妙な音が聞こえます。
それも、すごく近くで。


目線だけを音のほうへ向けましたら、やはり思った通りでしたわ。


発信元は見知らぬサラリーマン。
鼻息が荒いだけではありません。
普通に立っているだけならば顔は前を向きますし、
携帯電話等を弄っておられるのならば、顔は下を向きます。
しかし、彼の顔は、斜め下にいるわたくしのいる方向へ不自然に曲がっておりました。
どう前向きにとらえてもわたくしのにおいを嗅いでいるとしか思えない状態。


そんなにわたくしがかぐわしくて?!


街中を歩いていれば、いいかおりがするお姉さまやらガールやらに遭遇することはありますが、
いくらいいかおりがするからといえ、一心不乱に嗅ぐのはいかがなものかしら。


石鹸のかおりの制汗スプレーをするようになった途端にこれですわ。
一体どういうこと・・・


そうですわ!
わたくし気づいてしまいました。
制汗スプレーだと思っているそれは、本当は、性感スプレーなのだということに。


激しいフェロモンを全身に浴びて電車に乗り込んだのですもの、
嗅がずにはいられなくなりますわね。
ただでさえ、人妻の色気を放ち始めたわたくしですもの、
性感スプレーとの相乗効果があれば、女としてはまさに無敵な状態。


罪作りなわたくしでごめんあそばせ。
まだまだわたくしの夏は終わらなくてよ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

お嬢様

Author:お嬢様
愛読書:ビジネス本、官能小説、青年向け週刊誌
好きな時間:お肌ケア
欲しいもの:富と権力
最近の課題:趣味が増えすぎる
ツイッターも、やってますの。ウフ。⇒ojousama_neo

FC2カウンター

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

右サイドメニュー

月別アーカイブ