*お嬢様の秘め事*

わたくしの秘密ダイアリー。

Entries

ライン

みなさまごきげんよう、わたくしです。

少なくとも月に一度の更新をと心がけておりますのに、気づいたら七月が終わってしまいそうでしたわ。
怪しげな広告が表示されてしましましたわ、ごめんあそばせ。
時の流れが速すぎますこと・・・!


タイトルのライン。
メッセージをやりとりするアプリを連想される方がおられるとは思いますが、
ここお嬢様の秘め事へこられる方は違うもののほうを連想されますわのよね。


わたくしが言うラインとは、勿論パンティラインのことですわ。
ぴったりとしたパンツにうっすらと、時にはくっきりと浮かびあがる二本の放物線。
パンティで描かれる放物線の角度を求めよ、なんて問題が出されたときには、
それはしゃがんだときでしょうか、
階段を昇るときでしょうか、
素材はポリエステルでしょうか、
丈はローライズでしょうか、等々
質問で頭がいっぱいになってしまい、問題を解くどころではなくなってしまいますわ。

エロスとかけ離れた生活を送るあまり、
わたくし、ラインにときめいてしまいましてよ。

昼下がりのコンビニエンスストア。
商品棚をしゃがんで覗き込む女性がいらしたの。
アルバイトをされている方かしら、大き目の作業着姿ではあるものの、
その体勢により、うっすらとパンティラインが浮かび上がっておりました。

季節は夏。
汗ばんだ作業着。
作業着の下で火照るカラダ。

仕事を終え、纏うものから解き放たれた気怠い肢体を想像せずにはいられなくてよ。


パンティラインひとつでこんなにもときめくようになってしまいました。
わたくし、熟女へのステップを深く踏み出し始めたようです。
スポンサーサイト

お嬢様的産後ダイエット

みなさまごきげんよう、わたくしです。

産後のわたくし、ぬるぬるの専業主婦生活にすっかり適応してしまい、職場復帰したら木偶の坊になること間違いなくてよ。
先に謝っておきましょう、ごめんあそばせ☆


さて、妊娠で10キロ増えてしまったわたくし。
出産で3キロ落ちた後、残りの7キロがわたくしの肉であることがわかりました。
7キロのダイエットをしなければ、お洋服をデブバージョンへ一新しないといけないという事態でしてよ。

性根がデブのわたくしは、とにかく楽をして痩せたい。

産後3ヶ月を目前に、元の体重に戻りましたので、
わたくしの産後ダイエット(?)をご紹介遊ばしますわね。


産後ダイエット1
「授乳」

授乳は1日に約700キロカロリーを消費するそうですの。
そして、産直後のわたくし、なぜか代謝がとっても良くて、終始汗をかいてましてよ。
そのおかげか、家の中にしかいない状態で
1日に5食+おやつ(ケーキが主)
というとんでもない生活でしたのに
4キロはあっという間に落ちましたわ。


産後ダイエット2
「エアリーシェイプ」

数年前、意を決して購入した骨盤マッサージチェアーである
エアリーシェイプスマート。
数年前のわたくし、英断でしたわ。

産後は骨盤が開ききっており、腰を軸にしている全身はグラグラ。
毎日チャンスさえあれば座っておりました。

はじめは歩くとガクガクしていたわたくしも、
エアリーシェイプのおかげでしょう、
すんなりと、さっと散歩に出掛けられるカラダになりましてよ。


産後ダイエット3
「お散歩」

子を毎日外へ連れ出すといい運動になります。
子の生活リズムをつけるのにも良くってよ。
道すがらかわいいと言われますし。
(えっ、子どものこと?それともわたくし?あはん。)

最初の数日は10分程度でしたが、
歩き回るのが好きなわたくし、
我が子のタイムリミットは3時間ですので、
(3時間を超えて外出すると、帰宅してからギャンギャン泣いてしまいますの)
それを超えない程度に少なくとも1時間、平均2時間程出歩いておりました。

出歩いている間、休憩はなくてよ。
ベビーカーを横におけるスペースがあるベンチは大抵先客がいらっしゃいますもの。
ひたすらに歩きます。
ぐずったり泣かれてしまったら早歩きで帰ります。
臨月にも暇を持て余して歩きまくっておりましたので、歩くことは全く苦になりません。

そういえば、最近足がやけに細長くなった気がしますわ。
これで少しづつですが体重が落ちてまいりました。


産後ダイエット4
「我慢」

1日5食食べる生活を続けたままではいけませんわね、
通常の回数と量にしなければ、あとが怖くてよ。

しかし、大きくなった胃袋はすぐに元には戻りませんし、お腹は空きます。

満たしたい。
できることなら菓子や肉で。

だめですわ、欲望のままに満たしてしまっては…

毎日がダイエットなわたくし、初心に戻りました。
すぐ歯磨きをして、水を飲んでごまかしましょう。


あと少しが落ちなかったのですが、これで通常の食生活にほぼ戻り、ボディも元に戻りましてよ!
体が軽い!本来の肉付きってなんて楽に動けるのかしら♪


体重はゆっくり落として行くつもりでしたが、
特に頑張ることもなく、早めに元に戻りましたこと。
妊娠前のタイトなパンツが履けるって、想像以上に嬉しくてよ♪
*CommentList

オシャレ化の波

みなさまごきげんよう、わたくしです。


先日久々に恵比寿を訪れましたの。
お引越しする前までは足繁く通っていた恵比寿。
雰囲気に飲まれやたらと値の張る美容室へ通ったり、
おふくろの味という触れ込みの
洒落た和食居酒屋に入ったら、
垣間見えた厨房には複数の若い黒人男性のみおり
おふくろとは一体…と不思議な気持ちになった思い出があります。

ランチのお店として目指した場所は、
古い雑居ビルに入っているカフェですわ。
階下がソープランドであるところがいちばん気に入っているポイント。

オプションのごっくんは一回いくらだったかしら、チラリとだけ覗くことができるエントランスに
全神経を集中させるのが醍醐味ですのよね、ウフフ♪
なんて思いながら足を向けましたの。


ない!
ビル自体がない!!


わたくしが胸に秘めたやましい期待は
駅前オシャレ化計画の波に流されてしまいましてよ。

恵比寿でのお楽しみがひとつ消えてしまい、
わたくしちょっぴり寂しい気持ちになりました。

too much

みなさまごきげんよう、わたくしです。

家事と育児にいそしんでおります経産婦のわたくし、
産後のボディの変化には驚きましてよ。

宿している間に増えた体重は、あと一息で戻りそうですの。
しかしながら、産前の今の体重だった時に着用できていた
スカートやらパンツ(パンティではなくてよ)が着用できないという事態に。
全体的にボディラインが変化してしまったようですこと!

これまで所持していた衣類を総替えしなければならないかもしれないのですが、
どうにかこうにか避けるべく、
座っているだけでウエストが引き締まるマッサージチェアーに毎日座っております。
8年ほど前に意を決して購入した甲斐がありましたわ。
運動?なにかしら、おいしいのかしら?

ボディラインの変化は下半身だけでなくてよ。

ついに手に入れました、爆乳ボディを。

念願かなってのFカップ(もしかしてそれ以上)となりましたわたくし。
鏡に映るたわわな姿にはおどろきましたわ。
ONE PIECEに出てくる爆乳女性キャラのようないでたちとなったわたくし。
ただ、違う点は、その胸元は柔らかではなくガチガチに固く、
サイヤ人よろしく青筋が立っているということ。

わたくしが求めているFカップとは様子が違いましてよ。

そんなボディをひっさげたわたくし。
なんだかおかしくてよ。
どこがおかしいのか、みなさまおわかりになりますかしら。

顔とカラダが合ってませんの。
そう、わたくしは、爆乳が似合わない女・・・!

最近流れている、ソフトクリームの上だけ、のCMのような具合のボディ。
何度もFへの想いをここに綴っておりましたが、
いざ手に入れたらわたくしにはtoo much
たわわになりましたあかつきには、
嬉しさのあまり極小の布地をまとって外へ駆け出すつもりでしたが、
人様に見せられるようなものではなくてよ。

ないものねだり、でしたのね。

日々、似つかわしくないFの先端を酷使して、子を育てております。
徐々に先端の形状が変化しており、
わたくしが求めていたものとは違うFへの変化をまざまざと見せつけられております。

お嬢様的出産報告

みなさまごきげんよう、わたくしです。
先日わたくし、ついに、出産遊ばしました!
母というスフィアが解放されましたわたくし、
さらなるお嬢様街道を突っ走りますわね!

ということで、わたくしの出産についてみなさまにご報告差し上げます。


出産レポ1
「陣痛」

出産兆候から始まり産まれるまでの間は、まぁ、痛いのなんの。
病院へ連絡するタイミングは事前に指導を受けておりましたのでわかりますが、
どの程度の痛みになったらナースコールを押すのか、
いつ産まれそうなのか、さっぱりですわ。
この度の陣痛は、先日のブログに書きました痛みランキングの2位に踊り咲ました。
手の術後の痛みの方が痛い。

深夜に本格的な陣痛が始まり、11時間の攻防の末、やっと産まれましてよ。
立ち会っていただいた旦那様は号泣。
わたくしの第一声は「わぁ、赤ちゃん出てきた…紫色してる…」
(すぐに普通の色になりました)


出産レポ2
「怒りポイント」

痛みと先の見えなさで、普段温厚なわたくしも怒るようになりました。
怒りの矛先は?
隣についていてくれる旦那様?
病院スタッフ?
いいえ、
時間の流れでした。

「今何時?」
「●時◎分だよ」
「えっ、5分しか経ってないの?!」

そんなこと言われても…という状態だったそうですわ。
時間の流れを途方もなく感じました。


出産レポ3
「ニュームーン」

わたくしの出産日は新月でした。
出産は月の満ち欠けに影響されるというのはどうやら一理あるようで、
この日同じ病院で産まれた赤ちゃんは4人おられましたの。

分娩が重なることは滅多にないと聞いておりましたが、その滅多にないというのが起こりました。
大きな病院ではありませんので、分娩台は全部で2台。
赤ちゃんが出てくるタイミングは人それぞれ。
つまりは早い者勝ち、ということですわね。

「アーッ!でかいうんこがでる!」

お嬢様であるまじき発言をしたわたくし。
どうやら赤ちゃんが出てきている模様。
そんなわたくしに助産師さんからの痛恨の一言。
「うんこじゃないよ、赤ちゃんだよ、分娩室満室だからちょっと待ってね」

?!?!

待つとか無理状態。
おそらく、出産をご経験あそばされている方ならばわかっていただけるはず。
なにをおっしゃいますの?!
なんとか台に乗るまで産み落とさずに済みました。


出産レポ4
「過呼吸」

過度のストレスがかかると過呼吸をおこしがちなわたくし。
陣痛という強い痛みストレスは10分おき、5分おき、2分おきにやってきます。
数えきれないほどに過呼吸を繰り返し、意識朦朧となってしまいました。
これから出産遊ばされる方は、
過呼吸の対処の為に小さめで構いませんので紙袋を横に置いておいたほうがよろしくてよ。


簡単ではありますが、わたくしの出産のご報告でした。
赤ちゃんの顔を見たら出産の苦しみが吹き飛ぶとは聞きますが、いいえ、そんなことはなくてよ。
そういう方もおられるのかもしれませんが、少子化対策のための言い伝えなのでは…と思ってしまいますわ。
きっとわたくしはずっと覚えている。
*CommentList

左サイドMenu

プロフィール

お嬢様

Author:お嬢様
愛読書:ビジネス本、官能小説、青年向け週刊誌
好きな時間:お肌ケア
欲しいもの:富と権力
最近の課題:趣味が増えすぎる
ツイッターも、やってますの。ウフ。⇒ojousama_neo

FC2カウンター

検索フォーム

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

右サイドメニュー

月別アーカイブ